12月の運勢(2020年)

12月7日節入りです。
二十四節気は大雪(たいせつ)本格的な冬の到来となりました。

七赤中宮年の七赤中宮月。今月は年盤と月盤が同じ星配置です。
引越しや吉方位取りの旅行にはもってこいなんですが、いかんせんなかなか長距離移動は出来なさそうですよねえ。
残念ですが、お散歩や自家用車の移動くらいで、運の貯金をするといいですね。

12月7日~1月4日の運勢

感性と感情が主張する運気です。
自分が良いと感じるもの、楽しい好きだ嬉しいと感じる事を追求していくと良いでしょう。
ビジネスでもプライベートでも、その感覚を追いかけていくと開運に繋がります。(ただしビジネスは痛みもともなう事が)

そしてちょっと今月は健康注意がでています。無理は禁物です。

braceletサブタンクブレスあれこれ。

仕事運

いつもの仕事をいつものように終えられたらラッキー、くらいに考えると今月は過ごしやすいでしょう。
いろいろな計画が中途半端な印象ですが、いかんせん浮ついた、仕事の成果より和気あいあい、そんな雰囲気が流れます。
特にリーダーシップを取る立場の人や、責任感の強い人は、今月キリキリしてもストレスがたまるばかり、周りに嫌われるばかりです。
手元の自分の仕事に集中して吉です。

恋愛運

うーん、今月の恋愛運は派手です。活気があるともいいますが、吉凶混合で混戦で乱戦な運気。火遊び上等な人は楽しい運気でしょう。

出会いを求める人はチャンスは多いでしょう、しかしライバルの多い恋になりそうです。自分磨きを怠りなく。
片思いの人は、相手の意外な面を見てしまい、急に気持ちが冷めたり、逆にいっそう募ったり。相手をよく見て、今後の方針を固めるといいでしょう。
尽くしてばかりの人は報われなさに傷つくこともありそうですが、ヤケになって自分を安売りしないように。先に自分を立て直して、次の恋に備えましょう
パートナーのいる人、秘密はあきらかになりそうです。
自分の秘密の扱い、相手の秘密を知ったときの対処でこれからの明暗が分かれます。後ろ暗い事のある人は要注意です。

家庭運

家族が気持ちよく過ごせる事に気を向けると良いでしょう。
今月は家族の温かみを感じられるほっこりした時間を楽に持てます。
親族間の気の流れは吉凶混合。
何事もなければ穏やかな交流を持てる時ではありますが、相続についての問題や、不本意な金銭の貸し借りが発生しやすい流れでもあります。
特にこの運気で借金の申し込みを受けると、情に流されてOKしそうです。
その場合は相手にあげるつもりでいないと、トラブルに発展しやすいでしょう。

金運

吉凶混合の散財傾向。
年末年始の準備・・・というのもありますが、今月は「いつもよりもランクの高いモノ」が欲しくなる運気です。
食事やデザートお洋服から趣味のものまで、いつもなら「ちょっと贅沢かな~」って控えてしまうものでも今月は手が出ますが、楽しい時間や、手に入れる満足感を味わえます。
パートナーのご機嫌取りなど、人間関係のために、予想外の出費をする事になる人もいそうですが「それでなんとかなるなら、まあいいさ」と諦めて下さい。