天然石の穴を広げる道具

ご機嫌いかがですか?美佳百です。
今日は魔術系の話じゃなくて、作るための道具の話ね。

私が、マクラメっていう、紐を結びこんで形や模様をつくっていく技法と合わせて、魔術的にあれこれしてアクセサリーを作ってるのはご存知のことと思いますが、

TOPの画像のブレスの石をご覧下さい。石に紐が通してあります。

細かい石はともかく、基本的に6ミリ以上の石には紐が2本通してあるんです。

2本通してあるんです!

1本でも素通しのブレスなら作れますけど、上下対象に装飾入れて結ぼうと思ったら、中心に2本紐を通す必要があるんですよー。

ですが、石の穴径って小さいのです (´・ω・`)<0.5ミリ穴なんて規格は滅びればいいと思うよ

作るブレスのレシピに必要な石の穴が全部1ミリ以上ならいいですが、そうとばかりは限らない。

ので、自分で穴を拡張します。

プロクソンのリューターにダイヤモンドビットっていう削るための先をつけて、ガリガリしてますのよ。

こーゆーやつ(画像クリックでamazon先生にとびます)

先端につけるダイヤモンドビットは消耗品ですけど、水につけてもいい石は注水しながら削ると多少は長持ちします。

無理にビットをつっこむともろい石は割れるし、回転速度をあげすぎても割れる。ここらへんはやってみて自己調整するとこですねー。

あと、天然石には劈開(へきかい)っていって、特定方向へ割れやすい性質をもってる石があるんですが、その方向に元の穴があいてる場合は、ビット突っ込んだだけでパカパカ割れちゃって悲しい思いをします。そういう場合は諦めるか、ものすごく回転数を落としてそっと削ってください。

どうやって穴あけてるんですか?って、聞かれる事があるので書いてみました。

参考にしていただければ幸いです。(石を削ろうって人は、怪我しないように気をつけてねー。工具ですからねー。)